ブログ

防音対策したい!自作DIYする?業者さんにお願いする?~2

パターン1:静かに寝たい・・・

icon

家族の生活時間がそれぞれ違うため、
家族が廊下を歩く音が気になって。。。
静かな寝室が欲しいんだけど、
小さな子供がいるので
大規模な工事には抵抗があります。
また、買ったばかりの新築物件なので、
見た目が悪くなるのはNGです。

icon

ノイズレスドアはいかがでしょうか?

音漏れの主な原因は「隙間(スキマ)」です。
音が通る隙間を埋めることで、防音効果を大きく高めることが可能です。

ノイズレスドア

ノイズレスドアは、特殊な構造で隙間を閉鎖しています。

一見普通のドアのようですが・・・?
特徴を見ていきましょう!ポイントは扉の下部にあります!

1.特殊強化シートの扉板

特殊な内部構造によって、ドア単体で22~23dBの遮音性能を持っています。

2.特殊な蝶番で隙間を作らない

特殊な蝶番と枠がセットになっており、扉と枠の間に隙間を作りません。

3.シャッター装置でアンダーの隙間をカット

サムターンを操作すると扉下部の換気通路(アンダーカット)のゴムが降り、隙間を閉鎖します。

DB110_s01

画像の赤丸部分(サムターン)を45度回転すると、扉が施錠されると共に
作動棒が動いてアンダーカット部分にゴムが降ります。
これで室内が密閉され、-30dBの遮音が可能です!
サムターンを元に戻せば、ゴムが上がりますので、通常時はこの隙間からの換気できます。

工事は「トイレの扉を一枚変えるだけ!」
しかも現在のドアと同じサイズでお作りしてお届けします!
※寸法によってはお作りできない場合があります。ご了承ください。
見た目もすっきりで、「防音対策した感」が出ないのもおススメのポイントです!

icon

扉を変えただけですが、廊下の足音が気にならなくなりました。
サムターン操作も軽くて快適です。
他の部屋の扉のデザインと変わってしまう点がちょっと残念ですが、
子どもが良く寝てくれるようになり、本当に良かったです!

「パターンA:静かに寝たい・・・」のオススメ対策へ
「パターンB:コストを抑えてDIYしてみたい」のオススメ対策へ
「パターンC:本格的な音楽室が作りたい」のオススメ対策へ(準備中)

関連記事

ピックアップ記事

  1. 金属の金具が壊れてしまったとき、その金物の名称が分からなくて困ったことはありませんか?壊れた...