ブログ

太鼓襖

  • 2014.1.20

太鼓襖とは、縁なし襖のこと。戸先・戸尻の縦框長手方向に切り欠きを入れ、襖紙を巻き込んで張り納める。

太鼓襖は襖の角が擦り切れやすいので、敷居、鴨居で擦れ合う上下の端にはスギやヒノキの摺り桟を打つ。

太鼓襖の引手は簡素に見せることもあり、本体内に掘り込みをつくり、襖紙と同じものを張った

切り引手とすることが多い。

ピックアップ記事

  1. 金属の金具が壊れてしまったとき、その金物の名称が分からなくて困ったことはありませんか?壊れた...